車検の予約は時間指定が必要です

自動車を所有していると2年に一度の車検(継続検査)が義務付けられています。これは普通車であっても軽自動車であっても同様です。継続検査の有効期間を過ぎた状態にある自動車を公道で使用すると違法となります。継続検査を受ける方法としてはディーラーや整備工場などの専門業者に任せる方法と自分で行う方法の二種類がありますが、いずれの方法でも予約が必要となります。その際には日時指定が必要となりますが、細かい日時の指定を求められることになります。 特に自分で継続検査を受ける場合には、検査時間の指定が必須であり、時間厳守が求められます。継続検査を行う検査ラインには受け入れることが出来る車の台数に限りがあるのです。そのため、もしもその時間に検査を受けなければその日に継続検査を受検することが不可能となります。

自動車の車検を受ける際には予約が必要

自動車を所有または使用している人にとっては、2年毎の継続検査受検が義務付けられています。継続検査を受けなければ、継続検査有効期間が過ぎてしまい、その後の公道での自動車使用が認められないことになります。継続して自動車を公道で使用したいのであれば、必ず継続検査を受けなければならないのです。継続検査を受ける方法としてはディーラーや整備工場などの専門業者に継続検査手続きを全てを依頼する方法と、当該自動車を自分で陸運局(あるいは軽自動車協会)に持ち込んで検査を受ける方法の二種類がありますが、いずれの方法にしても予約が必ず必要となります。いきなり車を持ち込んでも継続検査を受けることは出来ないのです。基本的には申し込みした日時に車を持ち込んで継続検査を受けることになります。

自分で継続検査を受ける場合には指定した日時の厳守を

ディーラーや整備工場などの専門業者に継続検査を依頼する場合には、ある程度日時の融通がききますが、自分で継続検査を受ける場合にはそのような融通はききません。自分で継続検査を受検する際、申し込みの段階で細かい日時の指定が求められており、指定した時間帯に対しては厳守を求められることになります。これは陸運局や軽自動車協会にある検査ラインの受け入れ可能台数に限界があるためです。よって申し込み可能台数にも制限がかけられています。もしも申し込みをした日時に遅れてしまうと、その日に継続検査を受検することはほぼ不可能となってしまいます(ただし、当日の他の時間帯に余裕がある場合には、そこで検査を受けることが可能となります)。そのため、自分で継続検査を受ける場合には、余裕ある行動が必要となります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

車検の予約の仕方。お店の選び方。

大切な愛車の車検、あなたは何処に頼みますか。とにかく検査に通ればいいというのではなく、ちゃんとしっかり必要な整備を行って、また安心して乗ることが出来るようにしてくれるところに任せたいですね。早目に予約...

車検を賢く見積もり・予約するための注意点あれこれ

車検に対して時間やお金がかかるといったことであまり良いと言えないイメージを持っている人は多いです。確かに一昔前までは、不透明な整備内容や金額明細といった内容で時間やお金をかけて受けている人も多く見られ...

車検の予約は時間指定が必要です

自動車を所有していると2年に一度の車検(継続検査)が義務付けられています。これは普通車であっても軽自動車であっても同様です。継続検査の有効期間を過ぎた状態にある自動車を公道で使用すると違法となります。...

早いと料金は下がる?車検の予約

クルマの買い替えサイクルがひと昔前と比べると、随分長くなっているようです。この背景には経済的な問題もあるでしょうが、もう一つクルマの耐久性が各段に向上しているということもあると思われます。10年10万...